ココシカ日記~茨城県鹿嶋市~

茨城県鹿嶋市の鹿島神宮近くにあるミニ博物館です。

2016年10月

鹿嶋市ミニ博物館ココシカです。
本日より12月2日まで、「鹿島ゆかりの人物」展を開催しています。

イメージ 1

鹿島の剣聖、塚原卜伝を始め、
松尾芭蕉、徳川家
イメージ 2

鹿島氏、源頼朝
イメージ 3

阿弖流為と悪路王、藤原鎌足
イメージ 4

國摩真人。
人ではありませんが、神宮の中の神々も紹介しています。
イメージ 5

ご興味のある方は、ぜひいらしてください。

イメージ 6

ミニ博物館ココシカです。
今日は、「ココシカつれづれ草」第5回です。
今回のテーマは、「乙巳の変(大化改新)」です。

イメージ 1

小雨の降る寒い中、参加していただき、ありがとうございます。


次回の予定は、「壬申の乱」です。
12月11日(日)13:.30~15:30
参加費は無料です。

お問い合わせは、ミニ博物館ココシカ 099(94)8161 まで、お願いいたします。

鹿嶋市ミニ博物館ココシカです。
今日の鹿嶋市は、時折風が吹きますが、穏やかに晴れています。

神宮参道の街路樹、クロガネモチの実が、赤く色づいています。
あまりおいしくないのか、2月頃までついています。冬の間の、野鳥の貴重な食料になるのでしょう。

イメージ 1


ココシカ入口のプランターで、ノボタンの花が咲きました。きれいな青紫色です。

イメージ 2

夏の間、目を楽しませてくれていた朝顔が、種をたくさんつけています。ご近所の方のリクエストもあり、5~6粒ずつに小分けして、館内で無料配布しています。赤、青、白がランダムに入っています。

イメージ 3

昨日は子ども教室があったので、小学生が我先にと持っていき、すっからかんになってしまいました(^^;)30セット用意してあったのですが…
まだ種はありますので、用意しておきます。

10月23日、本日の子ども教室は「オセロ」です。

イメージ 1

まずは、ルール説明…と思ったら、全員がオセロのルールを知っていました。なので、説明は簡単にして、対局のときに、始めと終わりの挨拶、相手への感謝と尊敬の気持ちなどの心得を教えてもらいます。
さらに、オセロだけでなく、将棋や囲碁の簡単な歴史やルールなども。
↓オセロ盤を使って、囲碁の説明をする先生。
イメージ 2

「お願いします!」の声と主に、対局スタートです。
イメージ 3

どんどんゲームを進めていきます。
勝ち負けが決まったら、「ありがとうございました」
イメージ 4

オセロに飽きたらず、将棋やりたい!と、始めてしまう子どもたち。
イメージ 5

スタッフお手製の、たたみ半畳分の巨大オセロ(工作用紙とコースターで作成)でも対局。
大きいことはいいことだ?けっこう受けが良かったです(笑)
ホントは、たたみ2畳分くらいの大きさのを作りたかったのですが…やめておこう。
イメージ 6

ひと通り対局が終わったら、勝つためのコツを教えてもらい、相手を変えてまた対局です。
欠席があって、スタッフも急きょ一緒にゲームをしましたが、1勝1敗。小学生、結構強いです!

飽きて遊び始めてしまう子もいましたが、熱心な子はずっとオセロをしていました。
教えてもらったことを参考にして、もっともっと強くなってください。




次の子ども教室は、11月13日『けん玉』です。
募集はすべて終了しておりますが、キャンセルが出る可能性があります。
参加資格は、鹿嶋市の小学校に通う小学生であること。ココシカまで保護者が送迎できることです。
参加ご希望の方は、開催日の1週間前~前日までに、ココシカにお問い合わせください。キャンセルがあれば、対応できます。

鹿嶋市ミニ博物館ココシカです。
午前11時50分ころ、震度4の地震がありました。
震源がほぼ直下で、初期微動が感じられず、いきなり揺れだしたのでびっくりしました。
幸い、被害は船の模型に飾られた人形が数体倒れただけでした。

イメージ 1
イメージ 2

すぐに直しましたが、倒れないよう、工夫した方がいいかもしれませんね。

このページのトップヘ