ココシカ日記~茨城県鹿嶋市~

茨城県鹿嶋市の鹿島神宮近くにあるミニ博物館です。

2015年05月

5月31日、本日の子ども教室は、『花飾り』です。
ガーベラとバラの、ハッピーアレンジを作ります。

先生の見本です。

イメージ 11


今回は、19人の小学生と、保護者1人、幼児一人が参加してくれました。

イメージ 2


まずは、材料を配ります。
器と、給水スポンジ、はさみ。
使うお花は、バラ、ガーベラ、ザーファン、マトリカリア、カスミソウです。

イメージ 1

器に、給水スポンジをセットし、花の切り方を教わります。
まずは、大きい花から。
ガーベラをスポンジの中央へさします。

イメージ 3

次に、バラを切り、長さを調節して、ガーベラの周りに挿していきます。

イメージ 12
イメージ 13

大きな花を挿し終えたら、マトリカリアと、カスミソウを切ってさしていきます。

イメージ 4
イメージ 5

給水スポンジを隠すように、ザーファンを切って挿していきます。

イメージ 6

リボンを付けて、出来上がり!

イメージ 7

皆さんの作品です。ご覧ください♪

イメージ 14

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 15

イメージ 10

とても素晴らしい作品たちが出来上がりました!

始めたばかりの時は、うまく花を切れない人もたくさんいましたが、何回かやっているうちに、みるみる上達していきました。すごいです!

最後に、先生とお話をして、みんなで記念撮影をして終わりになりました。

皆さん、きれいな花を、笑顔で持って帰りました。
ぜひ、おうちに飾って楽しんでください♪



次回の子ども教室は、6/7、「スティック工作」です。

本日は鹿嶋神の道フェスタです。
鹿島神宮参道の卜伝広場では
朝早くから参加者達が集まってきています。
心配されたお天気も、薄曇りですが
歩くにはちょうど良いのではないでしょうか。

イメージ 1


イメージ 2

本日の参加者は190名くらいです。

主催者の挨拶のあと、念入りに全員でストレッチをして
いよいよスタートです。

イメージ 3

鹿島神宮の樹叢や、鹿島城址の坂、北浦湖面の一乃鳥居を
順番に巡ります。
全行程 15キロのコースです。


気をつけて いってらっしゃいませ。

鹿嶋神の道へのお問い合わせは、下記のとおりです。

鹿嶋神の道運営委員会
TEL    0299-77-8878


6月6日、午前11時30分より、鹿島神宮で、横綱白鵬の奉納土俵入りがあります。


イメージ 1


6月14日には、古武道大会があります。

イメージ 2


どうぞ皆様お誘い合わせの上、お越し下さい。

5月17日、本日の子ども教室は、「鹿島神宮探検 クイズにチャレンジ」です。
先生から色々なお話を聞いたり、紙芝居を見たり、鹿島神宮の中を歩きまわったりして、「指令書」にかかれたクイズを解いていきます。

今日は、16人の小学生が参加してくれました。
まずは、ココシカの2階で、先生からお話を聞きます。

イメージ 10

鹿嶋には、1年で130万人も観光客が来る。
鹿島のカルタを、全部覚えたら、物知りはかせ!
湖の中の鳥居、台風で壊れてしまった楼門、などなど。

紙芝居は、「鹿島の鬼塚」
人の力では倒せない鬼を、タケミカヅチの神に祈って退治してもらい、鹿嶋の神様としてまつったお話です。
皆さん、おしゃべりもせずに、一生懸命聞いていました。

お話が終わり、鹿島神宮へ出発する前に、「指令書」を配ります。
指令書にかかれた、10の謎を、皆さんに解いてもらいます。
まず、自分で考えてみます。
今まで、先生が話した中にも、ヒントがありましたよ。さあ、全部できるかな?

みんな、一生懸命に考えています。

イメージ 11

10の謎です。

1.大鳥居は、何で出来ている?
2.鹿島神宮の神様は?
3.神様の使いとされ、アントラーズのマスコットにもなっている動物は?
4.奥宮を建てた人は?
5.「鹿島詣」の旅で、鹿島神宮に来た人は?
6.鹿島灘の「波の音」の聞こえ方でわかることは?
7.要石に、頭を抑えられている生き物は?
8.昔、要石を掘るように命令した人は誰?
9.誰が入っても、同じ深さになるという、不思議な池は?
10.今年が良い年になるか、悪いとしになるか、占う『花』は?

さあ、鹿島神宮探検に出発です。

イメージ 12

大鳥居。
3年前までは、石で出来た鳥居がありましたが、東日本大震災で倒れてしまいました。
今ある鳥居は、境内から切り出された、樹齢500年から600年の杉で出来ています。
イメージ 13

本殿わきで、説明を受けます。

イメージ 14

奥宮へ続く参道。
途中には、神様の使いと言われる、鹿たちがいます。

イメージ 1

途中には、珍しい植物も、たくさん生えていました。

アリドオシ。
白い花と、赤い実が、同時についています。
アリでも刺せそうな、細いとげがついていることから、名前がつきました。
イメージ 2

赤い色のカンゾウタケ。
毒々しい色のキノコですが、なんと食べられるそうです!
ちょっと、遠慮したいかも…(^^;)
イメージ 3

オドリコソウ
白い服を着た踊り子が、たくさん踊っているような、可憐な花です。
イメージ 4

奥宮。
徳川家康によって、建てられました。

イメージ 5

此松の
 実生せし代や
  神の秋
鹿嶋詣の旅で神宮に来た、有名な歌人、芭蕉の詠んだ歌です。
イメージ 6

この芭蕉の句碑に耳を澄ますと、遠い海の音が聞こえると言います。
上から聞こえると明日は晴れ、下から聞こえると雨と言い伝えられています。
聞こえるかな?
イメージ 7

要石。
地震を起こす大なまずを抑えているという伝説のある石です。
その昔、水戸光圀公が、大勢の人に命じて七日七晩掘らせても、掘り切れなかったそうです。
イメージ 8

御手洗池
誰が入っても、同じ深さになる池と言われています。
イメージ 9

今はもうなくなっていましましたが、中臣鎌足と言う人が植えたという、不思議な藤は、お米が豊作の時はたくさん咲き、あまり取れないとその年は咲かなかったそうです。

他にも、ハートの窓のある灯篭や、楼門について、樹齢数百年の森の木たち、珍しい植物、さざれ石などなど、たくさんのお話をしていただきました。
他の参拝者の方が、いつの間にか一緒に聞いていたり(笑)
たくさんのお話を聞いて、たくさん歩いて帰ってきました。

最後に、答え合わせをしました。
全問正解者が3人、9問が5人もいました!みんな6問以上答えられていて、なかなか優秀な成績です!

今日、知ったことを、お友達や家族に、たくさんお話してくださいね。
ぜひまた、参加してください。


次回の子供教室は、5/31『花飾り』です。


スタッフも、いろいろ勉強になった一日でした。
最後の、長く急な階段が続く道で、普段あまり運動しない2人のココシカスタッフは、ヘロヘロになってました(^^;)きっと明日は筋肉痛でしょう…もう少し運動しなければ…

たった今、聞いたニュースです。

6月6日(土) 11:30~
鹿島神宮で白鵬関の土俵入りがあるそうです。

迫力あるでしょうね~♪

このページのトップヘ