ココシカ日記~茨城県鹿嶋市~

茨城県鹿嶋市の鹿島神宮近くにあるミニ博物館です。

2014年07月

制作中の龍頭
 
つい 2日前に ん~ アヒル 
なんて 大変失礼な事を書いてしまいましたが・・・  (ーー;)
 
 
さすが  こだわりの職人です。   
 感服 です  <m(_)m>  
 
 
本物よりも、神秘的で カッコイイ~ 
 
イメージ 1
 
 
 
  左の画像は、2日前
の龍頭
 
 
 
 
 
下は、現在の龍頭です
 
 
 
イメージ 2

ココシカ 御座船 
日々着々と 進んでおります
 
今日の、進行状況です
 
イメージ 1
 
 
神宮から、お持ちいただきました (カッコイイ~
イメージ 2
 
 
 
後は、龍頭です  
 
イメージ 3
 
 
 
 
んん~
 
アヒル  白鳥   ・・・
 
 
 
 
 
ここから、
 
どの様に 変わっていくか お楽しみにネ
 
 
 
 
 
 
 

イメージ 1
 
前日のけん玉教室で、足が筋肉痛のスタッフです。日ごろの運動不足と、体力の衰えを感じます(^^;)
なぜ、けん玉で筋肉痛?と思うかたもいらっしゃるでしょう。それは、膝を使うのがポイントだからです。玉を浮かせるとき、受けるとき、スクワットをするような動きが必要なのです。
そのうち、「けん玉で健康にダイエット!」などと言う本が出てもおかしくないなーと、変なことを考えたりしてます(笑)
 
それはさておき、お花係でもある自分は、1~2週に一度、ミニ博物館内のカウンターに飾る花を持ってきています。今回は5色のトルコキキョウです。
5月25日の子供教室『花飾りを作ろう』↓で作った花飾りを参考にアレンジしています。
 
あまり大きいと邪魔になるので、コンパクトにこんもりとなるようにしていますが、フラワーアレンジメントの経験がなく、自己流なもので、ごちゃごちゃしてますね(^^;)詰め込みすぎたかも。もう少し勉強します。
 
 
↓こちらの華は、「ココシカ日本神話」担当スタッフの力作です。
 
イメージ 2
 
巫女さんのお人形です。衣装もすべて手作り。
現在、ココシカに展示していますので、ぜひ、ご覧になってください♪

イメージ 1
 
7月27日、本日の子供教室は、「けん玉に挑戦」です。
けん玉名人に、指南してもらいます。
今日は猛暑のためか、残念ながら欠席者が多く、小学生3人、幼児1人、保護者と講師・スタッフ合わせて10人の少人数でした。
しかしその分、じっくりと教わることができたようです。
 
まずは、けん玉の歴史を教わりました。
けん玉はヨーロッパ発祥で、貴族の遊びだったようです。交易などによって、世界各地に広がり、それぞれの土地で色々な形に変化しました。
日本のけん玉は、3つの皿と一本の剣があり、これを使って、たくさんの技を行うようになりました。
 
イメージ 3
 
次に、基本の説明です。ポイントは、「膝を使う」こと。
1で膝を曲げ、2で伸ばしながら玉を浮かし、3でまた膝を曲げて衝撃を和らげながら、玉を受け止めます。
 
イメージ 2
 
小さい子は、複数の動作を同時にやるのが難しいようです。うまく出来ずに、投げ出してしまう子もいました。
それでも何度も先生に指導を受けて、だんだんと出来るようになっていきます。
トーナメントで技を競い、最後は検定試験です。
みんな一生懸命に挑み、10級から6級の認定証をもらっていました。
 
イメージ 4
 
帰り際には、
「けん玉面白かった!」
「またやりたい!」
「今度は(トーナメントで)一等を取る!」
などの感想が聞かれました。
みんな、楽しんでくれたようです。
 
次回の子供教室は、8月3日、「神宮の樹木探検」です。
鹿島神宮の境内に育つ、さまざまな木々や、草花についてのお話を聞きます。

ここまで、完成しました
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3

このページのトップヘ